【体験談】【子役オーデション】ってどんなの??親バカな私が長男を応募した結果…興味がある人必見!!

life
スポンサーリンク

うちの長男が3~4歳の頃、親バカな私が、子役オーデションに応募…
後日、オーデションを受けることになりました。

我が子をテレビCMに応募しようと思っている方がたくさんいらっしゃると思います。

オーディションってどんな風にするの??

どんな子供さんがくるの??

合格に近づくためにやることは??などと疑問に思っていらっしゃる方に…

私と長男の体験談を参考にしてもらおう!!と記事にしてみることにしました。

スポンサーリンク

子役オーディションってどんなの??

オーディション方法はこんな感じです。

正直なところ、長男よりも私の方がドキドキでした。

オーデションはクラス写真のように、2~3段ほどある段の上に、親子、横一列で順番に上がっていきました。

長男が受けたオーデションは、CMのオーデションでしたが、受験人数も多いためか、少人数ではなく10組ずつほどで行うオーディションでした。

名前や質問に順番に答えていく

とりあえず、子供には名前と簡単な質問、親には子供についての質問をされたと思います。

しかしその時、うちの子供にハプニングが起こりました。笑

あと何組目かで私たち親子の番がくるというときに、長男が「おしっこ~」と…
「もう少しだから我慢して」という私たちのやり取りに、審査員の方から「大丈夫ですよ!!行ってきてください!!」と…

この時点で【落ちたぁ~】とわかった私。

戻ってから質問に答えはしましたが、すでに受かる気がしません。笑

さくら??受かるにはこれっ!!

このオーディションには、子供一人につき付き添いの大人も一人。という注意書きがあり、心細く思いながら、長男と2人で参加したにもかかわらず…

なぜか、ある一人の女の子には両親が付き添っていました。

「なんで??あの子だけ特別なん?」

って疑問に思っていたんですが

質疑応答では、一緒に受けた子供さん達にはいない、それはそれは大きな声でハキハキと答える女の子が…審査員の方もニヤニヤしながらうなずくうなずく…

これがもしや、あの【さくら】なのかと思いました。 笑

両親共に参加できている意味もわからないし、堂々とした女の子の態度も…もしかするとオーディション慣れをしていただけなのかもしれませんが、私の中では今でもあの女の子は、さくらちゃんです。 笑

私は、オーディションを合格するためには、このさくらちゃんのように、「大きな声でハキハキと」の練習を子供さんとしておけば、合格も夢ではないと思います!!

そんなことも全く知らずに受験した長男は、みなさんご察しの通り… みごとに落選いたしました。 笑

スポンサーリンク

数日後…

なぜかオーディションの会社から1本の電話が鳴りました。

この内容は今でもしっかり覚えています。

オーディション、お疲れ様でした。

今回は残念な結果になってしまいましたが ◯◯くん(長男の名前)は可愛いですね。

monohana usagi
monohana usagi

ありがとうございます!!

(そうなんです可愛いんです!!とは言えなかったです。 笑)

そんな可愛い◯◯くんにとても良いお話があります!!

「10万円で必ずCMに出演出来る。」というお知らせを、今回お電話させていただきました。

いかがですか??

monohana usagi
monohana usagi

え~必ずですか…。

そんなことが出来るんですね!!

それは嬉しいですが、うちは結構です!!ありがとうございました!!

まさかの10万円CM出演!!

うちは余裕がないので、まずあり得ないお話でしたが、余裕があれば記念に…なんて思っていたかもしれません!!

たまに、子供達がたくさんでてるCMをみると「もしや?!10万円払ったのか?!」と思ってしまう私がいます。笑

誰もが一度は考えるであろう我が子のテレビ出演

やっぱり我が子が一番可愛い!!と、テレビに出演させたくなりますよね!!

みなさんなら、我が子の10万円でのCMのお誘いをどうしますか??

残念ながらうちは、落ちてしまいましたが、みなさんの子供さんはスムーズに合格されるかもしれません!!

わが家のオーディション話しをご参考に、「大きな声でハキハキと」を練習して、応募してみてくださいね☆

子供さんがいつかスター☆になる日を私も願っています☆☆☆

☆blogmura ranking☆

ランキングに参加しています☆
たくさんの方に見て頂きたいです!!
ポチっと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

☆楽天ROOM☆

楽天ROOMもぜひ遊びにきてくださいね♪

life
スポンサーリンク
ものはな。びより

コメント

タイトルとURLをコピーしました