【不登校】不登校の原因がわからない ”長男の不登校のきっかけ”

不登校
スポンサーリンク

私の中で、いつかこの日が来たら…

私が毎日毎日みなさんのブログを読んできたように…
お子さんが不登校でどうしていいのか分からずに、毎日毎日同じ状況の方のブログや、不登校を克服するためのブログ・克服された方のブログを読んでいらしゃる方のお役に立ちたいと願っていました☆

そして、やっと私達にもこの日がきました…

ブログをはじめて4か月。長男の許しがでたので今までの壮絶な不登校の日々・克服できた今までを書いていきたいと思います。

それぞれの不登校のカタチ・それぞれのご家庭の考え方があると思います。

このブログは私達親子の不登校の克服までの道のりです。

まとめても長くなり、何回かに分けて書きたいと思いますので、よろしければお付き合いください。

ご参考にしていただいて、いつか近い未来、私達親子のように、みなさんにも不登校の長い道のりを笑って話せる日が来ることを願っています☆

スポンサーリンク

不登校の原因がわからない ”長男の異変の始まり”

長男が学校に行けなくなったのは、中学1年の夏休み前…6月頃からでした。

小学校時代スイミングで頑張っていた長男に、半ば強引に水泳部の入部をすすめたのは私です。

長男は私の言う通りに、水泳部に入部しました。

入部してからすぐ「先輩が自分ばかっりに文句言ってくる。」と…

その時の私は、小学生の時はそんなことも気にはしなかった長男に「なんなん。腹立つな~。そんなん気にせんとき~。」と話すくらいでした。

今思えばこの時すでにいじめがおこっていたんだと思います。

不登校の原因がわからない…長男が一番辛かったのは多分ここ!!

今聞いても、「忘れた!!」なんて言いますが、先輩が目の敵にしている長男と仲良くするのが嫌になったのか、 自分が一番の親友だと思っていた、同じクラブの友達からも無視をされ始めたのです。

助けてくれるどころか無視…なんで⁉…

クラブのいじめだと気づいていない私は、2人の問題だと思い、この子のおうちに行って、親御さんに話そうかとも考えました。でも、中学生の喧嘩に親が入って良いものなのかどうか…長男も首を縦には振りませんでしたし、私もすぐ仲直りできるのかな?くらいに思ってしまいました。

多分長男が一番傷ついてしまった原因はこの子です…でも今もこの子は自分が原因であることは知りません。

長男に無視をする親友について

この子とは、小学校の時に、映画の券が2枚あるので、一緒に行こうと誘われ、行きはこの子の親御さん、帰りはうちの旦那が迎えに行き映画に行かせたことがありました。

その時、長男がわたしに教えてくれたのが【「何で俺誘ったん??」って聞いたら「一番の親友やから。」と言ってくれた】と嬉しそうに話してくれました。

この子とは、中学に入り、同じ塾に通いたいと言っていました。

しかし、その頃、わたしが塾のことを聞いても「もう行かん。やめた。」と言いうように。

あれ?と不振に思いながらも、本人のやる気がないのは続かないという考えの私には、もう言っても無駄なのかなと思っていました。

何かおかしいと思いながらも、話してくれると思っていた私…
いじめは絶対ないと決めつけてしまっていました。

スポンサーリンク

不登校の原因がわからない…長男の心がどんどん壊れていく

そのあたりから、長男は塞ぎがちになり、教室でも誰とも話すこともなくなり、休憩中も机に顔を伏せていることが多くなったようです。

そんな時間が過ぎている中に、今度は同じクラスの子からも嫌がらせが始まりました。

伏せている間に、蛍光ペンでシャツに落書き…
消しゴムを投げられる…
ということがおきてきました。

友達が多く、明るい性格だった長男は、ここからどんどん変わっていってしまいました。

不登校 親には本当のことを言えない子供の気持ち

長男は、基本おしゃべりです。

小学校、中学校のいじめにあうまでは、学校から帰ると、話したいことがあれば、次々話してくれました。

なので、わたしは、もしいじめがあっても、相談してくれると思い込んでいました。

しかし、長男の心の中ではこう思っていたようです…

不登校克服後の長男に聞いた 親に言えなかった時の気持ち

いじめが始まった頃

  1. 親に心配をかけたくなかった。
  2. 自分がいじめられていることを知られるのは、親であっても、恥ずかしくて言えなかった。

こんな気持ちでいたのかと思うと、可哀そうなことをしてしまったと辛くなります。

既に傷ついていた長男は、何でも話していた小学生の長男ではなく、中学生に成長した上、心が病んでしまった後の長男だったこと…もちろん私には、その時、わかってあげることが出来ませんでした。

不登校の原因がわからない ”クラブの退部”

それでも頑張ってクラブに行っていた長男。

しかし、ある日、毎日4キロが当たり前の遠泳、校舎の外周のランニングなど、急なきついトレーニングのせいかアキレス腱を痛めてしましました。

「このまま続ければ、切れてしまいますよ!!」と言う診断を受け、クラブを退部することになりました。

私はまだこの頃、いじめのことには気づいていませんでした。

これが、5月末頃のお話です。

続きはこちらから↓

うちではこの頃、次男も不登校になりました。そのお話はこちらから↓

☆blogmura ranking☆

ランキングに参加しています☆
たくさんの方に見て頂きたいです!!
ポチっと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

☆楽天ROOM☆

楽天ROOMもぜひ遊びにきてくださいね♪

不登校
スポンサーリンク
ものはな。びより

コメント

タイトルとURLをコピーしました